アフターピル

アフターピル

 

 避妊の為・PMSの改善の為に生理痛の軽減の為。副作用も無く、低用量ピルを飲んでいたけど。飲み方を誤って、アフターピルのお世話になる事に!なんてユーザーさんも居るのではないでしょうか。

 

例えば飲み忘れが有るのに気付かず、避妊せずに性交をしたとか。

 

 

サンデータイプで飲み始め、まだ1週間が経ってないのに避妊をしない性交が有ったとか。

 

色んな情報が飛交ってると思いますが、効果と正確な情報と注意事項をよく把握して行動しましょう。

 

もしも避妊に失敗したという心当たりが有ればアフターピルで対応しましょう。行為後、72時間以内であれば望まない妊娠は回避できます。

 

ただ、アイピルなど、アフターピルは、そう失敗するたびに使える薬ではありませんので、根本的にコンドームの使用を徹底したり自分の身を自分で守るように心掛けましょう。

 

因みにアフターピルを服用後、どのタイミングで低用量ピルを再開するかを述べておきたいと思います。

 

アフターピルで避妊が成功すると、その証拠で、消退出血が起きますね。低用量ピルの再開は、その次の自然の生理から始めるようにしましょう。

 

消退出血が有る間に低用量ピルを飲み始めてしまうと避妊が失敗に

 

終わるケースが稀に有ります。どういう事かと申しますと本来、アフターピルは

 

子宮の内膜を強引に剥がし着床が不可能な状態に持っていってくれますね。

 

アフターピルが効いて内膜が剥がれてくれた所でその際の出血を生理だ!

 

と捉えて低用量ピルを飲んでしまうと低用量ピルの方には逆に適度な内膜の厚さを

 

維持する働きをするので、稀なのですが、避妊失敗!なんて事にも成り得るのです。

 

低用量ピルを再開出来るまで徹底した避妊を心がけましょう。